出国して1か月

今日で日本を飛び立って、1か月が経った。(こっちにきて1か月は正確にいえば明日だけど。)

海外旅行するときを思い浮かべれば容易にわかるとおもうが、
1日1日常に新しいことにめぐり合い、経験を積み重ねていく過程で、
一日あたりの時間はほんとうに長く感じる。

特に、朝7時くらいに夜が明け、夜の8時過ぎに日が沈むこの国ではなおさらだ。
やっと1か月かという気になる。

けれど、振り返ってみれば、もう1か月過ぎてしまったのかという気にすらなる。



普段、日記を書かない分、留学生活中での出来事や思い出はしっかりつづっていこう。



思えば、日本での生活から考えるとまったく違う思想をもった人々が集う国を選んでしまった。
これは後々かいていくとおもうが、それなりの目的があった。けれども、時々不安になるときもある。果たして自分の選択は正しかったのかと。


けれど、人生って単純じゃなくて、その単純じゃないところに面白みを感じたりする。

そんなこと考えながら過ごしていたときに出会った言葉。
いつからスティーブ・ジョブズにこんなにはまってしまったんだろう。笑

ジョブズ流にいえば上の話は「点と点をつなぐ」ことだけど、この下の言葉も励みになり、これからもそうだろう。結果を出すまでは。






I've always been attracted to the more revolutionary changes.

I don't know why, because they're harder.

They're much more stressful emotionally.

And you usually go through a period

where everybody tells you that you've completely failed.



より革命的な変化に、私は魅了され続けてきた。

自分でもなぜだかわからない。

なぜなら、それを選べば、さらなる困難が待ち受けてるからだ。

より多くのストレスを心にかかえこむことになる。

みんなに、おまえは完全に失敗した、

と言われる時期もおそらくあるだろう。
[PR]

  by shot_aizawa | 2008-03-12 19:23 | 思いつき

<< Value dimensions 料理はだれがするべきか? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE