Value dimensions

もはや授業メモ。笑



さて、企業がグローバルに進出する際に考慮しなければならないのが
現地の文化。これを理解した上で戦略を構築しなければうまくいきません。


その際に、各国の文化を計る指標として利用されるのが、
hofstedeが考案したValue dimensions。


彼は、つぎの5つの観点から統計をとり、各国の文化を相対的に位置付けることにしました。
(ごくごく簡単に。)

1.Power distance
権力の不平等さがどれだけ進行しているかという程度をあらわしています。要は階級。

2.Individualism vs collectivism
個人というものがどれだけ集団に統合されているのかという程度を表します。

3.Masculinity vs femininity
価値観が、物質主義、自己中心的に考えるなど、より男性に近いか、まわりとの連帯感を求める女性の価値観に近いかという程度をあらわします。

4.Uncertainty avoidance
社会がどの程度不確実性を受け入れることができるかという程度をあらわします。

5.Long-term vs short-term
将来の繁栄のために現在を犠牲にするか、現在の短期的な利益を第一とするかというスパンの程度をあらわします。


これらの観点から、各国の文化を図にしてみると、非常に驚くべき結果がでてきました。

どうしてものっけたっかたので、写真とりました。笑
(どなたか、エキサイトでパワポのせるテク知ってる方いらっしゃったらぜひ教えてください。)


1枚目は、masculinityと power distance を座標軸にとったもの。
日本は、極度にmasculinityに偏っており、日本だけ離れ小島になっていることがわかります。(赤いまる)





e0131924_1528135.jpg




2枚目は、uncertainity avoidance と mascurinity を座標軸にとったもの。
日本は、相対的にみると極度にリスクを避けるため、こちらでも離れ小島になっています。(赤いまる)

e0131924_1529141.jpg




面白かったのは、教授がどのスライドみせても、いかに日本が変わった文化をもっているか、ということについて力説する点。

日本が世界からどう見られているか、ということはこれまで、アメリカの日本の金融市場に対する見解しか読んだことなかったので、こっちのような一般的な国で、日本が変わった存在として生徒に教えられていることに衝撃を覚えたのです。
やっぱり日本がリスクをとらないということは、世界の常識レベルの話なのですね。。


ただ、個人的に大事だとおもうのは、
単純に文化の多様性について学ぶのではなく、

こういった文化のステレオタイプを、「as a source of competitive advantage」として
自分がこれから戦っていくうえでの自己分析・戦略的思考の材料に帰着できるようにすることです。



どうして、この記事を書いたかというと、文化間の違いを知るために、
この授業では、
まず手始めとして異文化出身同士でパートナーを組み、
お互い分析して来週の火曜日までにレポート提出するというのがあり、
日本がいかに変わっているかということを教授が説いたこともあって、
クラス受講者中、唯一の日本人であるぼくがパートナーを募集したところ、メールが殺到。。

んで、明日相手(たぶんkiwiの女の子!?)と会って話しをする予定なので気合をいれてるわけです。笑
[PR]

  by shot_aizawa | 2008-03-13 15:46 | 授業

<< tunnel beach wa... 出国して1か月 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE