back to the wind

こちらでは昨日でサマータイムが終了。

さっき時計を確認したらほんとに時間が1時間バックしていてなんか不思議な感覚に陥りました。
今日から8月までは日本との時差は3時間になってなんとなくうれしい気分です。


けれども、果たしておれは夏を満喫できたのだろうか・・・という疑問が残ったので、
昨日は、kavaに引き続き、windsurfingをしてきました。


事前にインストラクターからもらったメールでは朝の8時半スタートだけど、少しでも長く楽しんでもらいたい8時15分からスタンバイしてます、ってきたから港の場所を調べて、車ないから徒歩30~40分かけて早めにいったのに、結局彼がきたのは8時45分過ぎっていうよくわからない、スタートでしたが。笑



e0131924_952832.jpg


(朝8時すぎの港の光景。やっぱりきれい。)

もともとこちらの国の金融マンは5時まで働いて、それから夜はsailingを楽しむといううわさを聞いていたので、一度はその光景をみて自分もやってみたいと思っていたんですけど、

結局、自分は金融街のない南の島にいるのと、surfingとsailing両方やりたかったけれどそれにはお金がかかりすぎるということで、間をとってwindsurfingというわけです笑

どっかから勝手にもってきてしまった画像によるとこんな感じ。

e0131924_858693.jpg





パドリングなんて、元クラの友人の父親からサーフィンを教わった以来なので、結構興奮してしまいました。
また、日本帰ったら元クラの友人の家族とサーフィンいきたいな~。


東京にいるときは、こういうスポーツしてリフレッシュをはかる暇なんて皆無だったので、こういう時間は非常に新鮮で、港にひろがるきれいな光景と青空から降り注ぐ太陽の光の下、すがすがしい気持ちでできました。

ほんとにこちらの国の人々は、人生を楽しむ、ということを知っているなー、という感じです。

この国の経済規模なんて富士通一社の経済規模とほとんど変わらないわけですが、
それでも彼は日本人よりもはるかに「豊かな」生活を送っているんじゃないかな、っていう気がしてしまいます。

日本は、国際競争力を養うためにどうのこうの、っていう議論しかしないですが、そもそも人生楽しんでるの?なんのために競争を勝ち抜かなきゃいけないの?という問いを突きつけられた感覚になりました。

なんか丸くなってるな~、おれ、という感じですが笑

でも趣味をもつことはやっぱ大事だな、と実感。

60歳すぎて引退したら、こういう生活を送ってみたいな~と思いました。

それまでに、こんなふうに上達してたらいいなーと妄想。



e0131924_8584297.jpg

[PR]

  by shot_aizawa | 2008-04-06 09:15 | 生活

<< 非日常の非日常 KAVA >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE