精神と時の部屋

ついに、先週で授業が終了した。



まだ4か月も経っていないけど、ほんとにいろんなことがあって、わかったことは、
これまで日本が、そしてなにより自分がどれだけ世界から取り残されていたかということだった。


どうして、あれほど人・情報がいきかう大都市東京にいて気づかず、スターバックスがかろうじて1件あるような田舎でそんなことに気づくのかとおもうと逆説的な気がするけど笑


でもとりあえず、この留学生活をひとことであらわすならば、自分にとっては「精神と時の部屋」という言葉が適切な気がする。


こっちにきて一番苦労しているのは、授業っていう表面的な部分ではなく、新しい文化にどれだけassimilateさせられるか、ということだった。(今でもそうですけど。)


「文化を受け入れること」と「文化を判断すること」の違いの大切さに気づかされた日々で、これが一番難しかった。

日本にいたころは、hard workできるひとがなにより称賛される、というように表現しても間違ってはいない表現だと思うけれど、そういう文化があってでもそういう文化をもっているのは、アメリカや日本みたいな国であって、こっちではそんなことはない。personalityがなによりも大切で、リラックスムードを保てるかが鍵のような気がする。あくまで私的な感覚だけれど。


最初のころはどこにいっても「どうして、おまえはそんな急ぐんだ」っていうふうにいわれてる気がして、これまで日本で過ごして身についていた習慣ひとつひとつに実はしっかりとした意味があったことに気づけたことは非常に意義深いけれど、同時に自分の価値観というものが真っ向から否定されているような気がして、そうとうまいったのを覚えている。


特に自分は日本人のなかでもhard workerだったと思うから、あまりに違う文化にあわせるために、仕方なく昔の自分を故意に「抹殺」し、新しく自分を「創り出した」。だから正直言って日本で自分がなにしてきたかということをなかなか思い出せない自分がいる。

というか思い出したくないのかもしれない。

こっちにきて、日本の文化というものが世界で一番変わっているんじゃないか、ということに気がついたからだ。
マネージメントの交渉でも日本人は本音を表にださず、重要なことは公式の場ではでてこない、とあって、「根回し」のストラクチャーが書かれていて単独で日本に参入することの難しさを説明していたりする。

日本にいたときは、根回しはビジネスに限定される行為程度に思っていたけれど、実はプライベートでもそういうことはあって、例えばみんなでグループワークが終わったあとに飲みに行くという行為をとってもみても、(自分はこういうの好きなので否定する気がさらさらないけれど)日本人からしたら仲を深める程度の認識だけど、こういう習慣がそれぞれの「集落」をつくりだして外部からの参入障壁を高めている日本に深く根付いている習慣のひとつなのかもしれない、と思うと非常に気持ち悪く思えてしまったのだ。


んで話を戻すと、今の自分の状態は
たとえが古いけれど、感覚的にはバーコードバトラーの、ステージが変わった瞬間に似ている。これまでステージ1でレベルをためて相当強くなったけれど、ステージ2にいくときに、またレベル1にもどってしまい、それでもステージ1のときのレベル1よりは強いものの、あまりに弱くなってそれがもどかして仕方がない、という感覚。

けれども、そのままステージ2でレベルをためていけば、ステージ1で到達できるよりもはるかに強いステータスになることをわかっているので、
こっちでレベル1からスタートして、新しい武器を手に入れて、日本に帰ってまた昔のように六本木のバーにいって、これまで日本でしたことをすべて思い出すとき、自分は昔よりはるかに成長できた自分になれるんじゃないか、と思っている。




という、日記を書こうと思ったけれど、久々に落ちてしまった。



というのは、こっちにあわせるためにこれまでの思考方法とか価値観とか習慣というものを相当努力してあわせているけれど、結局自分の本拠地は日本にあるということが関係してるように思える。

つまり、いくらこっちで文化に適応して価値観を吸収したところで、自分の仲間とかは日本にいて、結局自分は日本人の価値観でしか判断されないことになる。

だから、こっちでがんばって身につけた「普通だと思われること」が、今度は日本では普通なこととして受け入れてもらえないからだ。


極端にいえば、こちらでリラックスムードをつくりだし、それを大切にできる人間になったとしても、日本にいったら、ただ遊んでるだけじゃん。っていわれる、というような感覚だ。(といってもそんなにリラックスしてるわけじゃないですよ笑)

そうしたら、おれはこっちのスタンスにがんばって適応したとしても結局日本に戻ったらまた適応できなくなるんじゃないかと、ふと恐怖心にかられてしまって落ちてしまった。






でも、絶対はいあがってやる。この数ヶ月で一番身についたのは根性だからだ。
[PR]

  by shot_aizawa | 2008-06-01 14:22 | 思いつき

<< 貪欲さ 理論の大切さ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE