1学期終了

こちらでは、休みは帰省して家族と過ごすのが常識なので、試験がすべて終了した今、人の数もめっきり少なくなってとても静かになっている。


もう半分、終わってしまったのか~、とちょっとあせりを感じる。


振り返ってみて、ほんとうにいろんなことに挑戦してきて、ひとつひとつのことに対して精一杯取り組めたから、これまでこちらでやってきたことになにひとつ後悔はないのだけれども、やっぱり自分のなかで、まだまだ満足のいく結果を出せるには程遠く、60点くらいか。


う~ん、と思っていたけれど、これまで日本でもいろんなことにチャレンジしてきたつもりで、それを振り返っても結局どれも60~70点くらいだと思うと、

いつも自分の能力のふがいなさにへこむ一方で、自分が常にどんなにがんばっても60~70点くらいしかとれない問題に取り組み続けてきているなによりの証拠かもしれない、とおもって開き直ることにした笑


ネイティブのなかで最も聞き取りにくいとされるアクセントをもつ国を選んでしまったことは自分の語学力の向上に関してちょっと失敗だったかな、って正直思うけれども、、

一見突発的に思えた今回の留学もなぜ自分がこの地を選んだのか、いまは理解できるし、
今はまだ途中だけれども、留学が終わるころには、自分は莫大な財産を得てかえることができることを確信している。
ゾロ風にいえば、「感謝する。おれはまだまだ強くなれる。」って感じかな。


ただ、それを得るために自分を極限の状態まで追い込むしかないんだとおもって、ぼろぼろになるまでやったが、自分のそういう修羅の道に対して、その途中で彼女を巻き込んでしまったので、それは大変申し訳なく思って反省していて、それを補完する意味でも休みの間ちょっとおでかけすることにした。昨日スーツケースのなかに、日本でかってきたミソスープのもとがはいってることに気がついたが、もう少しの我慢だとおもって棚にうつしかえただけにした。
来学期はさらに追い込んだ生活をするんだとおもうと、少しの間くらいいいかなっておもう。



にしても、毎日吸収することが多すぎた。
例えば世界でみて日本があんなに男女の格差がある国だと知らなかったので、日本にいたときの女性に対する自分のなにげない言葉遣いも実はその「差別的な扱い」の一端をなしていたんだと思うと、自分があんな国に生きていたのかと驚くと自分の思考回路の根底にもそういうものが刷り込まれているんだとおもうと同時に非常にこわくなって、今でも日本の女の子と話すのが少しこわいw



あと、こちらにきて「他人に対する敬意の払い方」について非常に考えさせられることがあって、
例えば「みんなと過ごす時間」に位置づけに対してはじめは、仕事重視する日本にいたんだから、考え方違って当然か、っていうふうに思っていたけれど、日本にいるひとたちの様子とか話を聞いていて、それでも彼らは一緒にグループワークする仲間であってもちゃんとそのあとに互いの労をねぎらったり、みんなと過ごすことに対してちゃんと時間を割いていて、

おれが日本人だからじゃなくて個人の問題だとおもったときは、正直これまでの自分の「変人ぶり」に嫌気がさしたけれども


このまえ、これまでお世話になった出版社の方にメールしたら、
返事で非常にあたたかい言葉をかけてもらえて、
それまで肩にのっかっていた荷がなくなる感覚を覚えた。

これは、死ぬ気で働いてきた自分と間近でちゃんと向き合ってそれでいてそれを評価してくれているひとじゃなかったら、決していえないせりふだとおもうので、


たしかに学生っぽくない生活をおくってきたけれど、他人からどうしてそこまで?っていわれるような生活をしてきたけど、やっぱ、おれのこれまで「選んできた」生き方も悪くなかったな、とおもえた。

けれども、これまで素敵なひとびととの出会いが自分を成長させてくれたと思ってる割に、ちゃんと行動で示せてない部分もあったんだとおもうと、改善しなきゃって思うところはあるけれど。


残りの生活でどれだけのことを吸収してかえれるだろう。
やはりどうしても戦いたいフィールドがあるので、そこに到達できるよう進化しなければならない。
一方で、どうみても性格が丸くなってしまった自分。しかもはやく動けないw
おれをみかけてもお手柔らかにお願いします、というのが正直な気持ち笑。
e0131924_13201284.jpg

朝8時のフラットから
[PR]

  by shot_aizawa | 2008-06-19 11:23 | 生活

<< これから反撃してもいいですか?? 貪欲さ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE