<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

Intrinsic Value

ちょうど一息つけている間に留学の目的を自分に再度認識させておこう。


一般に留学の目的が明確化されているかどうかで留学中の生活が有意義になるかどうかが決まるからはっきりしているほうがいい、ってよく言われるけれど、

それ以上に目的がしっかりしていないと特にきたてころは自己を見失いやすいので、
「自分を取り戻す」意味で、目的はしっかりしていたほうがいいのだと思う。


そんななかでぼくの「主」目的は、「intrinsic valueを見抜く洞察力を養う」ことだった。
物事の本源的価値を果たして自分が見抜けているか、他人や己の本源的価値を見抜けているか、そしてそれを生かして今後自分がどんなふうに生きていくのか、という壮大すぎる(笑)テーマを設定した。


自分は大学2年のころから、自分のもっている”タイトル”の意義を分析して、そこから戦略的にどう昇り詰めるかを構築し、実践してきて、それなりにexcitingな生活を送ってこれたと思っている。


あのころは、いろいろな分野の起業家に突撃するときは、相方とタッグを組んで、
彼の巧みな切り込みで相手の気持ちをつかみ、終盤で落ち着き払った自分が落とす、
といういいテンポで
なかなか普通の学生では体験できないようなことをし、叡智を肌で獲得できた。

特に、彼が原宿の交差点で、某会社の取締役をナンパして、後日自分と一緒にうってかわってまじめに話しこんで、面白い学生だなという興味を与えられたおかげで、
帰るときにもらえた香水は今でもお気に入りだ☆でもこれは叡智じゃあないね。笑



そのころから感じていたのは、会えば自分がいかなる人物かをわかってもらえ評価してもらえるけれど、そもそものきっかけはタイトルのおかげで引き寄せることができていて、そのタイトルを差っぴいて自分の価値をvaluationしたらどうなるんだろう、ということだった。



これは、3年の秋を過ぎて、就活をはじめた友人が、
自分から大学の肩書きとっちゃったらどうなっちゃうんだろう、
っていっていたことと同じようなことだと思うので、
うちの大学の学生ならば誰でも一度は考えてしまう問いなのかもしれない。



そういった意味で、personalityだけで人を判断するこの国は最適だと思えたし、これまで1分1秒を無駄にせず、いつ死んでも後悔のないよう走り続けた生活をすることを心がけていた自分にとって、自分はもしかしたら1000年生きるかもしれないといえば言いすぎだけれども、leisureこそを第一に考えるまったく正反対の価値観をもつこの国の人々からさらにいろいろなことを学べるとおもえた。



実際、肩書きを「捨てて」こっちにきてよかったなと思っている。



思えば昔から自分は、さほど肩書きを気にしない性分で高校のころと根底にある生き方は変わってないように思う。




高校のときは、ちょうど学校の近くにスケートボードのパークがあり、
そのころはスケボーといえば、単純にかっこつけるためにヤンキーやいきがってる野郎のようないわば野蛮なひとがやるイメージがあって、
スケボーをやっているというだけで、こいつらとは近づくまい、
と思われるのがぼくのまわりの常識だった。

けれども、自分は現実をみずにそういったうわさやprejudiceだけで物事を判断するのが嫌いで、なにか新しいことがやりたいとおもったぼくは、友達と2人でそのパークでそういったひとたちからスケボーを教わることにした。


そこにいたひとたちは、もちろんふつーのひともいたけど、
昨日までムショにはいっててよー、やっとポリが出してくれたぜー、

なんていってるこれまで関わったことのない「人種」のちょっとこわいお兄さんもいた。



彼らとかかわっていくなかで一番感じたのは、イメージとまったくちがう現実だった。

彼らは、よくスケボーのビデオでお目にかかるような、
スケボーの技をさらっと決めてかっこつけてるふりしてるけど、

実際には、ズボンをまくってみると、それまで練習で板が足に負わせた無数の傷跡があったり、
なかには勢いをつけて飛び込んで失敗して、路面に体をひきずり、背中の皮がほとんどむけているひとなどもいた。

それでもそういった努力のあとを隠して、まわりから変な目で見られていても
人にどう見られようが気にすることなく、何事もなかったように振舞っている彼らは非常に立派に見えたことを覚えている。


いちよ県内では一番いい学校に通っていたので、そういうひとたちからみれば、
いいとこ育ちのおぼっちゃんがやったところですぐあきらめるだろう、と見られるのも当然で、
冷やかし半分で見られていたことも覚えている。


だから彼らに認めてもらえるためにも、必死で練習した。

やせてるのに、上半身はだかでやったり、ときには技に失敗してジャンプ台から背中向きに落ちたり、板がすねを直撃したりして、しばらくその場でうめきながらうずくまっていたのがなつかしい。


最終的には
彼らと一緒に楽しい時間を過ごすことができ、
「おまえらの高校のやつのような頭のいいやつって口先だけでなにもしねえからまじうざぜぇだけだけどよ、おまえらだけは認めてやるよ」って言われたときは、個人のpersonalityが評価されたみたいでうれしかった気がする。


いかにも田舎の高校生らしいエピソードだけれども、
その経験は今にして思えば十分に生きていることを実感できる。

自分が切れると恐いと思われているのはそのときの影響もあるかもしれないが笑。


肩書きを差っぴいたおかげで多くのリターンが得られたからだ。

物事の本源的価値を見抜き、また人からpersonalityだけをもとに判断されても高い評価を得られる人物になりたいとおもう。


e0131924_10293028.jpg

[PR]

  by shot_aizawa | 2008-03-24 10:40 | 留学

tunnel beach walkway

最近確実に性格が変わってきたとおもう今日このごろですが、
こちらでは、昨日からイースターということでお休みになっています。

今日は寮のみんなで、tunnel beachというところにいってきました。

こっちにきたとき、飛行機から見下ろした海は格別にきれいだったので、ビーチにいけるのは楽しみだったわけです。

ところが車が止まり、ついたといわれ、降りるとまずでくわした光景。




e0131924_1341478.jpg



あれ、くるとこ間違えたかな、とおもうのも無理はない笑。


walkwayということでこの先に、海があるらしい。


e0131924_13433099.jpg


道は羊の糞だらけで、nastyだけど、開放感もあって気にならない。

あー、たしかに歩いていけるわ~。

e0131924_13453557.jpg


けれど、みえてきたのは限りない絶壁!

e0131924_13491859.jpg




うわ~、それでもあまりにも壮大な景色に、世界一周してみたいなーって感じてしまうほど高揚感を感じてしまう。
南海の荒波と潮風によって形成された絶壁は、なんとも圧巻です。



e0131924_13572439.jpg


と、異国の地にいることをまざまざと感じながら、歩いていると、道を発見!


e0131924_1353596.jpg


あー、なるほど!とここでやっとなぜ名前にトンネルがあるかに気づく笑



どうやら、ひとがプライベートビーチへ降りるための小路として、岩に大穴があけられる形で
できたトンネルらしい。

そして、トンネルを抜けると・・・


e0131924_1359472.jpg


プライベートビーチのはずが、狭くてやはり絶壁ばかり笑


e0131924_1405823.jpg


けれども、荒波の音を聞きながら、岩にのぼってると
自然といろいろなことが頭をよぎり、考え込むことができて楽しい。

しかもこういった場所は数日間だけの観光客はこない場所なので、
そういった意味でもきた価値はあるな、と実感。
ひとがおよげるビーチを創造していただけになんかカルチャーショックだったけど笑
なんかなにもたいしたこと書いてない記事なっちゃったな。。
最近更新できてなかったんですが、いろいろと書きたいこととかあるので
ちゃんと更新していく予定。

ちなみに、農場で子羊が生まれる8月20日から10月20日の期間はwalkwayは閉鎖されるらしい笑。
[PR]

  by shot_aizawa | 2008-03-22 14:04 | 生活

Value dimensions

もはや授業メモ。笑



さて、企業がグローバルに進出する際に考慮しなければならないのが
現地の文化。これを理解した上で戦略を構築しなければうまくいきません。


その際に、各国の文化を計る指標として利用されるのが、
hofstedeが考案したValue dimensions。


彼は、つぎの5つの観点から統計をとり、各国の文化を相対的に位置付けることにしました。
(ごくごく簡単に。)

1.Power distance
権力の不平等さがどれだけ進行しているかという程度をあらわしています。要は階級。

2.Individualism vs collectivism
個人というものがどれだけ集団に統合されているのかという程度を表します。

3.Masculinity vs femininity
価値観が、物質主義、自己中心的に考えるなど、より男性に近いか、まわりとの連帯感を求める女性の価値観に近いかという程度をあらわします。

4.Uncertainty avoidance
社会がどの程度不確実性を受け入れることができるかという程度をあらわします。

5.Long-term vs short-term
将来の繁栄のために現在を犠牲にするか、現在の短期的な利益を第一とするかというスパンの程度をあらわします。


これらの観点から、各国の文化を図にしてみると、非常に驚くべき結果がでてきました。

どうしてものっけたっかたので、写真とりました。笑
(どなたか、エキサイトでパワポのせるテク知ってる方いらっしゃったらぜひ教えてください。)


1枚目は、masculinityと power distance を座標軸にとったもの。
日本は、極度にmasculinityに偏っており、日本だけ離れ小島になっていることがわかります。(赤いまる)





e0131924_1528135.jpg




2枚目は、uncertainity avoidance と mascurinity を座標軸にとったもの。
日本は、相対的にみると極度にリスクを避けるため、こちらでも離れ小島になっています。(赤いまる)

e0131924_1529141.jpg




面白かったのは、教授がどのスライドみせても、いかに日本が変わった文化をもっているか、ということについて力説する点。

日本が世界からどう見られているか、ということはこれまで、アメリカの日本の金融市場に対する見解しか読んだことなかったので、こっちのような一般的な国で、日本が変わった存在として生徒に教えられていることに衝撃を覚えたのです。
やっぱり日本がリスクをとらないということは、世界の常識レベルの話なのですね。。


ただ、個人的に大事だとおもうのは、
単純に文化の多様性について学ぶのではなく、

こういった文化のステレオタイプを、「as a source of competitive advantage」として
自分がこれから戦っていくうえでの自己分析・戦略的思考の材料に帰着できるようにすることです。



どうして、この記事を書いたかというと、文化間の違いを知るために、
この授業では、
まず手始めとして異文化出身同士でパートナーを組み、
お互い分析して来週の火曜日までにレポート提出するというのがあり、
日本がいかに変わっているかということを教授が説いたこともあって、
クラス受講者中、唯一の日本人であるぼくがパートナーを募集したところ、メールが殺到。。

んで、明日相手(たぶんkiwiの女の子!?)と会って話しをする予定なので気合をいれてるわけです。笑
[PR]

  by shot_aizawa | 2008-03-13 15:46 | 授業

出国して1か月

今日で日本を飛び立って、1か月が経った。(こっちにきて1か月は正確にいえば明日だけど。)

海外旅行するときを思い浮かべれば容易にわかるとおもうが、
1日1日常に新しいことにめぐり合い、経験を積み重ねていく過程で、
一日あたりの時間はほんとうに長く感じる。

特に、朝7時くらいに夜が明け、夜の8時過ぎに日が沈むこの国ではなおさらだ。
やっと1か月かという気になる。

けれど、振り返ってみれば、もう1か月過ぎてしまったのかという気にすらなる。



普段、日記を書かない分、留学生活中での出来事や思い出はしっかりつづっていこう。



思えば、日本での生活から考えるとまったく違う思想をもった人々が集う国を選んでしまった。
これは後々かいていくとおもうが、それなりの目的があった。けれども、時々不安になるときもある。果たして自分の選択は正しかったのかと。


けれど、人生って単純じゃなくて、その単純じゃないところに面白みを感じたりする。

そんなこと考えながら過ごしていたときに出会った言葉。
いつからスティーブ・ジョブズにこんなにはまってしまったんだろう。笑

ジョブズ流にいえば上の話は「点と点をつなぐ」ことだけど、この下の言葉も励みになり、これからもそうだろう。結果を出すまでは。






I've always been attracted to the more revolutionary changes.

I don't know why, because they're harder.

They're much more stressful emotionally.

And you usually go through a period

where everybody tells you that you've completely failed.



より革命的な変化に、私は魅了され続けてきた。

自分でもなぜだかわからない。

なぜなら、それを選べば、さらなる困難が待ち受けてるからだ。

より多くのストレスを心にかかえこむことになる。

みんなに、おまえは完全に失敗した、

と言われる時期もおそらくあるだろう。
[PR]

  by shot_aizawa | 2008-03-12 19:23 | 思いつき

料理はだれがするべきか?

こっちにきて早々、驚いたことのひとつが「料理」。

といっても、この国の料理のことではなく、みんな料理をつくれるということ。



土曜日は、毎朝 farmer's market という日本でいえば、朝市のようなものが催されている。
スーパーで買い物するより安く野菜や肉、果物、魚が買えるために、自炊している生徒は買いに来るのだ。


「おまえももちろんくるだろ!?」といわれ、はじめて誘われたときは、寝ぶっちし、先週はじめて参戦したが、男友達がのりのりで食材をえらんでいるところが、おれからみるとおもしろい。


こっちでは、「おまえ、料理しないのか?」と聞かれ、料理できないとこたえると、信じられないという顔をされる。


寮で、食べさせたいものがあるからおれの部屋こい、といわれていくと
とてもおいしそうなラズベリーケーキができあがっていたり、今度一緒にグリーンティーケーキつくろうぜ、なんて男同士が言い合っていたりする。自分のつくった料理でみんなをもてなそうという気持ちがつよい。


きっと、彼らは自炊の必要がせまられているから、仕方なく覚えたんだろうとおもって、
土曜日の朝、テレビをつけると、
この国の高校生が3人1チームになって、2チームが料理バトルをしている番組にでくわす。
しかも、両方ともメンバーは全員男性。
朝にやっているこういう料理番組をみて、留学生は料理をおぼえるんだとか・・・。


んでこっちでは、男が料理するのは当然で、家庭で夫婦そろって夕飯の支度をするのもあたりまえのことだとか・・・。



日本にいたときは、別に強制的な気持ちをもっていたわけじゃないけど、
一人暮らしだったから、料理できる女の子はちょっとポイント高いよなー、みたいにおもってたけど、
それはこっちでは一種の差別になるらしい。。


う~ん、これからそういう気持ちは捨てないとだな、と反省。笑


でも、おれは寮で食事がでるから、料理うまくなって日本に戻ることはない。笑




日本にいたときは、どんなにひとよりやることが多くても、「忙しい」という言葉をつかったことはなくて、
それは、
「ひとつのことに勤しむことはほかのことをおろそかにすることにほかならなくて、それを忙しいという言葉で避けようとするのはただの甘えだ」
と思ってたからだけど、

こっちで生活していると、ほんとに今まで生活上、「ほかのこと」をおろそかにしていたことが実感できて、ひとりの人間として省みる機会が多い。



おれも、夫婦一緒に料理つくれるようなダンナさんになれるもんならなりたいもんだわ~、とぼやきの日記をかいてみた。笑


写真は、フラットが立ち並ぶ庭にいた、はりねずみみたいな生き物。いやされるー。
e0131924_19112736.jpg

[PR]

  by shot_aizawa | 2008-03-08 19:11 | 生活

はじめの一歩

たまには、子供っぽいこともかこうか。笑
ちょっとうれしかったこと。

さて、今週からtutorialという少人数でグループディスカッションする授業がはじまり、
今日は、立て続けに2つもtutorialがはいっていたのですが、

今回は、国際関係論についてとりあげたい。
なんか日本の大学にいたときの国際政治と似た雰囲気で、とりあえず毎週文献読んで(あのころよりさらに分量多いけど。。)あらかじめ与えられてるいくつかの質問について、議論するというもの。

初回ということもあって、もちろんぼくは息こんで文献を読破していったものの、質問に対する答えをあんま考えていなく、にもかかわらず授業はじまったら、この授業の成績は発言が重視されるということをつげられ、
はじまってそうそうピンチに陥ったわけです。。

自己紹介してみたら、ほかの生徒みんなkiwiでkiwiのアクセントがいまいちなじめない僕には、まるっきりアウェーで、
たぶん、初回ということもあって、文献まともに読んできてすらいないやつらばっかなのに、
よくよく聞ければ、きっとてきとーな発言ばっかりだろうに、
おれのつぎ込んだ時間よりもはるかに大きなリターンをはじきだす彼らに、けっこーへこむ・・・

しかも、日本人は英語がへたくそだというのが、海外の大学での常識らしく、
しかも、あまり日本人というものは意見を主張する習慣がないので、
ますますなめられてるに違いない・・・

と今までのぼくなら打ちのめされて終わりなわけですが、
さすがにがんばってやってきてここで引き下がれないだろうとおもって、

ひとつの質問に狙いさだめて、
議題が移行したのを見定めて、ここぞとばかりに
挙手して発言。

たぶん、相当殺気だってたはず、だけど、
メモ書き、読み上げただけど、

なんかうれしかった。

Jリーグ選手が海外チームに移籍して、外国人チームのなか
日本人ひとり出場して、初戦で得点きめる感覚。

おおげさだけど、これまで話そうとしても、いっつも発音がよくないみたいで
聞き返されてけっこーなえて話す気すらうせてたことも少なくなかった、というかいつも
そうだったので、やっと前にすすめた気がした。

間違いなく、TA威圧しちゃったけど。笑
その後も流れに乗って少しいえたし。

最近は、授業のまえに教授のプレゼン資料をノートにかきうつしてちゃんと予習して
授業は、最前列に陣どって、ちゃんときき
同時に教授の声を録音して、
授業後に再度きいて復習する

という日本のときとは、かけはなれたまじめっぷり。
ただ、ほかの生徒とくらべてはるかに時間かかってるにもかかわらず、
それでもアウトップはほかの生徒に劣るけど、
がんばろうとおもう。

要は、なにがいいたかったかっていうと、

やっぱ、国1なんか特にそうだとおもうけど、
本番っていうほんとにチャンスをつかめる機会なんて、
ほんの数時間だったり一瞬だったりするわけだけど、
そのために、ひたすら多大な時間をつぎこんで、たった一瞬かがやけるためにひたすら
努力することって、やっぱりすばらしい営みだろうということです。

それだけ価値のあるものなら、やっぱ普段つらくても
たとえ本番で失敗しても、来たるときに備えて
最善の準備をする価値はあるのでしょう。


やっぱ、日本でがんばってる友人の姿などを思い浮かべると、
自分もどんなに地道なことも積極的にできるな、とおもうとみんなに感謝する次第です。

こっちのいっぱい失敗して、成長したいです。


んで、おまけにせっかく最近ネットが部屋からつかえるようになったので、
こっちきたばかりのときに、とったビビアンをのせようと思います。笑
ブラジル人の彼女ですが、まったくもってぼくと性格が違い、気があわないので(笑)
最近はかかわってないけど、彼女は1学期しかこっちにいないので
けっこー気合いれてがんばってるみたいです。
ということで、待ってたマニア向けなかたの期待にこたえてみました。笑
e0131924_19483442.jpg

[PR]

  by shot_aizawa | 2008-03-05 19:49 | 授業

political corectness

週末は、こちらにきてはじめての激しい雨が降り続いた。

夜の8時を過ぎないと暗くなるはずのない空もずっと暗かった。


rugbyのチケットを、平日にノリで買わされていたために、
もったいないので夜に出発しなければならなかったが、
なぜかひとりでいかなければならなくなり、かさももちあわせていなかったので、
正直行く気も起きなかった。

それでも、兄のように慕っているマレーシア人の助けもあって、
寮から傘をかり、1st yearのkiwiの一団についていけることになったため、
いちよは向かうことにした。

あんな激しい雨でも、ラグビーは展開されていた。

Highlanders vs Waratahs

ニュージーランドのチームとオーストラリアのチームの対戦であったために、オーストラリア勢へのブーイングは激しい。
しかも、観客はkiwiばっかりで自分のまわりは
大学1年生のkiwiどもで固められてしまっていた。
まわりは酔っ払っている連中でうざく、少しこわかった。

そういえば、高校時代の親しい友人はラグビー部だったから、やつらならもっと楽しめたに違いないと思いつつも、、帰り方は、一緒にきたkiwiの連中しか知らないから、我慢してそこにいることにした。


試合が終わり、帰りのバスに乗るためにバス停(といってもただのひとだかりだが、)に歩いているとき、おれはkiwiのなかでも唯一おれに気を遣ってくれていた青年を、自分の傘のしたにいれていた。傘をもっているのは、おれくらいだったし、なにより雨が激しかったし、試合中もいろいろと解説をしてくれたことへのお礼の気持ちもあった。

そのとき、まえにいた彼の友達と思われる2人の女性が上着を脱いで傘にしながら、彼に呼びかけた声が
なぜかおれの心に残った。
「あなた、ニュージーランド人でしょ!?」

彼女らは、単純に自分たちが濡れていてこの青年だけが傘にはいっていることに対し、冗談まじりで使った言葉でなにも悪意すらないし、おれもそう感じた。

ただ、たくさんのひとで押し込まれたバスのなかでkiwiにもみくしゃにされながらも、その言葉がずっと心に残った。

彼女らは、所詮まだなにも世の中のことを知らないピカピカの1年生だから、なにも感じなくて仕方ないだろう。自分もあの子の立場ならば、なにも気にならなかっただろう。


けれども、自分がはじめてマイノリティの立場になって、もやもやひっかかった。
political corectness。
普段の自分の言動、振る舞いというものは、political corectnessに根ざしたものなのだろうか。
Parochialismのわなにはまって誰かに知らず知らずのうちにいないだろうか。
そんなこれからの自分の生きるスタンスを省みるうえで、大事にしたい視点であった。

第一次大戦以降、世界平和に向けた政治的プロセスの研究をする学問としてうまれた国際関係論は、まさしくここに関係してくるものであると認識されたからだ。

昔、MBAをとったひとがいっていたことで、
日本のアントレプレナーはpolitical corectnessのためになにか新しいものをつくろうとするひとがまだまだ少ない、と嘆いていたことがなんとなくわかったような気がした。


やはり、rugbyに出かけてよかったとおもった。





と、あえてローテンションでかいてみた。笑


e0131924_1128231.jpg

[PR]

  by shot_aizawa | 2008-03-03 11:28 | 生活

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE