<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

理論の大切さ

この前、学生向けの町のガイドマップをみたら、娯楽施設の欄が2つだけあって、
ひとつが、カラオケ、もうひとつがビリヤード場、ただそれだけだった笑
しかも1個ずつかい!って思うと自分の故郷新潟が非常に都会に思えた笑


ということで、特に勉強以外やることがないけど、勉強だけやってるのもなんだかな~ということで、最近読書にはまっている。


ちょうど昨日読み終わったのが、ゴードン・ベルのHigh-tech ventures



silicon valleyの巨匠が、後世に向けて書いたハードウェアベンチャーが成功するためのプロセスが細かくケースを交えながら解説されている。

前半は非常にシンプルで面白く読み進められたけれど
後半は、技術的なことばかりで、UNIX!?聞いたことはあるんだけどね・・・レベルのぼくには理解できるものではなかったので、書評をかくつもりはなくて、書きたいのは「理論の意義」について。


授業用の普通の教科書を読んでいても、これでもかこれでもかってくらいに理論が登場して、これは日本では経済理論とか、理論そのものを扱う授業を取らないかぎりお目にかかれない光景だとおもう。


ましてや、本書のように、実際起業した人物がアカデミックとして十分通用するまで体系化して後世のために本を出版するというフレームワークは日本には存在しないが、その理由について最近思うことがある。



ぼくからするとこんな当たり前のことまで理論化してなんの意味があるんだと思うくらい、理論が整っている背景には、米国をはじめとして、彼らはもともと自分の存在そのものに疑問を投げかけなければならないほど異質性に満ちている世界で生きてきたために、常に物事を単純化して、複雑な状況に対してどうにか向き合う必要があったからだと思う。


シンプルにまとめることで、「あ、実はこれって意外に簡単なことなんじゃないの!?これなら俺でもできそうだからやってみよう。」と多くの人間を魅了し、理論がその分野への参加者を引き込むカタリストになっているんだということだ。そういう意味において理論は非常にプラグマティズムだと思う。



例えば、異文化コミュニケーションにおいても、彼らはそれぞれの国について詳細に特徴をまとめて交渉にどう役だ立てるか、ということを意識している。


一方で、日本人がそれをみると、「どうせそんなステレオタイプの人間なんてひとりもいないんだから、むしろ無駄なバイアス与えるだけで障害になるんじゃない!?」と思ってしまうひとが多い気がする。というか、自分はこっちにくるまで、そう思っていた。


けれども、しばらく過ごして、これは、同質性そのものがもともと保証されているいかにも日本人らしい考え方であることに気がついた。結局、どの人間ももともと自分の想定内にカテゴライズできるので、はじめから個人ベースで見ることができる条件が整っている。だから、そもそもも物事を単純化する習慣が身についてないのも自然な気がする。


異質性が前提の人々にとっては、
おおまかな特徴をとらえているからこそ、自分のこれまでの経験からは一切想像できない出来事に直面しても、事前にフレームワークを知っていることでそれを既知のことように捉えることができたり、単純化された世界に立ち返ることで、われに返り、また冷静に取り組むことができるようになる。
そうやって自分のなかで異質性を消化した後で、はじめて個人として関われるようになる、という時間軸にずれがあるのだ。


理論として単純化されているからこそ、個人に軸を提供することができ、多くの人が「最初の一歩」を踏み出すことができる。
ようやく理論の大切さを自分のなかで考えることができた気がする。


(補足)
といっても、日本人がしょぼいということを言いたかったわけでは決してない。
ゴードンベルの本では、「技術を高める最良の手段はそれをもっている有能な人材を集めることだ」と人材の価値をトップにおいているが、彼も、マーケティングの項で、MBAをもってるような高度な体系的知識を有している人材を雇うのもひとつの有効の手段といっておきながら、皮肉なことではあるが理論を知らない代わりに現場感でずばぬけている日本人に勝るマーケッターは実はいない、というような記述をしている。それなら、最高のマーケッターを育てることができる風土にいながら、MBAにあこがれて取得後、さも洗練されたような気になる日本人が多いのはさらなる皮肉なのか、と一瞬思ったけれど、90年代の話であるし、他の考え方を学ぶ上では重要な意義があるので、ここの議論には立ち入らないことにする。
[PR]

  by shot_aizawa | 2008-05-29 17:54 | 思いつき

expatriateが成功するには。

整理したいことが山ほどあるけれど、今日は前から書きたかったことを少し。
今学期とっている international managementの授業が最近やけに面白く感じる。

マネージメントの授業なのに、最初のほうは、ひたすら文化がどういうものかということをくどくどと説いていただけで、なんだこれ!?って正直思っていたのだけれど、教科書をちゃんと読むようになってやっとその理由がわかった。


教科書の値段をアマゾンで調べてみたら、なんと1万8千円以上かかることがわかり、おれはこちらで1万2千円弱で購入したことを考えると相当お得だと感じたことが、意外にちゃんと読もうとおもった大きなきっかけであったりする。ちなみにこのとき、頭の中に裁定取引を試みるかというアイデアが浮かんで市場リスクを考えてやめたという思考回路が自分のなかにすぐに起こったことがなんかなつかしくてうれしかった笑


この教科書は、国際経営学と異文化コミュニケーションの関係について網羅的に収録されていて、今までこの2つの概念がここまで密接にかかわっているなんて考えたことがなく、さらに自分が異文化に身を置いているので、理論やケースを読んでいて非常におもしろい。


それで、本書の最後のほうに出ているヒューマンリソースマネージメントの内容を少しメモ書きしたい。


本社から外国の支社にアサインされたexpatriateがいかにしたら成功できるか、という話。

expatriateは、要するに母国ではない国に暮らす人々のことだけれども、日本の辞書をひくと「国外に追放された人」なんていうとんちんかんな訳語に出くわすので、どれほど日本が移民に対する概念に乏しいかがよくわかる。


んで、やっぱり教科書を読んでいて面白いのは、ビジネスではないけれども、自分もひとりのexpatriateとして、こっちにいるので、どうやったら彼らが成功するかということを、自分がどのようにすればこちらでの生活を実りあるものにできるかということに応用でき、それでモチベーションがわくからにほかならない。


それで、一番面白かった部分は、expatriateととして、

もっとも重要なことは、


母国での仕事の実績でもなく、性別でもなく、海外旅行のような国際経験をいかに積んでいるのかというわけでもない、という点。

本書によれば、「異文化に対するストレス許容度と社交性」であるのだ。


いかに国内でスターと呼ばれようが、海外で成功する直接的な根拠づけにはならない、ということがおもしろい。


それで、expatriateが成功する確率をあげるための5つのトレーニングがあげられている。
(簡単のため走り書きです。)

1.area studies
その地域の地理や歴史、政治などの知識。

2.culture assimilators

3.language training

4.sensitivity training

5.field experience

これを見ると文化に対してどう向き合えるかが、非常に重要だということがわかる。

んで、これを読んでいて思ったのは以下の2点。


自分の行く国がどういう国であるかを事前に調べるという準備があれば、適応するのもはやくなるらしく、それを怠り、さらに社交性がない自分が最初2か月強、まじで苦労したのが、うなずけるということ笑

もうひとつは、別に学位とるわけじゃないから、授業だけがんばってどうしようもないだろうと思って授業重視のカリキュラムにせずに、ウィンドサーフィンやスキュバーダイビング、クルージングなどいろいろとこの国特有の生活を味わおうとすることに時間をかけていたのは、正解であっただろうということだ。


けれども、文化に対する許容度というものは、磨くことができ、しかもこれは年をとってしまうと吸収度が落ち、若いうちが一番向いているものと想像している。

だから、今は、こっちでトレーニングを積んでいる時期なんだとおもうと、けっこーストイックなことが好きなおれとしては、

今は次のステップにいくための下積みの時期を過ごせているということに感謝せざるをえない。
[PR]

  by shot_aizawa | 2008-05-24 18:07 | 授業

take action now!!

これまで思えば、いろいろな人に助けられてきたばかりでした。
自分が、このコミュニティに対してなにかお返しすることはできないだろうか、

ということで、だいぶ前からボランティアのオフィスを訪れたりして、いろいろとプランを練っていたのですが、なにぶん時間がゆったりと流れるこの国ではなかなかすぐに取り掛かることが難しく、結局ボランティア活動にはたどりつけてないのですが、ひとつ前進があったので、ここでひとまとめ。


やっぱり自分にはフィールドワークがあるほうが生活に張りが出るだろうということで、
後期は、市民団体が高度に発達したこの国で、組織構築の面からかかわろうと画策!していて、具体的にどんなことやるかは少し話しをつけてあるのですが、
ほんとに実現するか、定かでないので、その話はそのときまで蓋を閉めておきます。




それで、前期は、とりあえず一般参加者の視点からかかわってみたいと思っていたので、

本日、この国最大の自然環境保護団体が企画するfield tripに参加してきました。


Botanic Society groupが運営する小規模のちょっとした遠出という感じで、
参加者も全員で7名程度。
もちろん、日本人はおろか大学生はおれひとりで残りは年配者という期待どおりのほんわかしたものでした笑


オーガナイザーの方は、普段はgovernment of conservationで勤務しており、土日に月1回程度で、ボランティアスタッフとしてこのようなfield tripを企画しているとのこと。(でも最終的にお金とられたんだけど、あれはなぜ!?)


仕事をすでにリタイアされて、植物をみるのが楽しみ、という方がほとんどで、
本来ならば看板に書かれてるように、1時間程度ですべて歩ける距離を・・・

4時間以上かけてまわってきました笑


それでも、図鑑を家にたくさんもっている方々だけあって、植物の名前をメモしたり、同じ植物をずっ~と眺めたり(これは年のせい)で、学生だけだと単純に見過ごすような小さな植物にも足をとめていろいろと解説してくれたりしたので、意外におもしろかったです。


例えば、動物から保護したい植物を守るためにちょっとした工夫がなされていることに気がついたり、植林活動を活発にしていても、松の木だけは切り倒されていて、これはここにいる動物が松の葉っぱは食べない上に、ペストの原因にもなりうる植物だからだそうで、そういうことを教えてもらったり。


んで、あと写真をちょっとだけ。


木にボール状の植物が寄生している様子。



e0131924_14115895.jpg



yellow-eyed penguinの人工の巣。
e0131924_14171519.jpg



キャプテンクックが、船員の壊血病を治癒するためにつかったとされる植物。
e0131924_1431931.jpg




さすがにおばあさん方についていくのに疲れて、あざらし君をぱちり。
e0131924_1484670.jpg




おばあさん方とゆったりと過ごせた心地よい休日でした☆笑

で、まとめると、最近自分が感じることを、一言であらわすならば、
チャーチルの演説の一説がぴったりな気がします。


We make a living by what we get, but we make a life by what we give.
[PR]

  by shot_aizawa | 2008-05-11 14:18 | 生活

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE