年齢という要素

さて、最近少しずつ自分の置かれている状況を冷静にみれるようになってきたように思います。

まず、ぼくが泊まっている学生寮を完全に勘違いしていたことがわかったことが大きいです。
というのは、1st year studentがたくさんいて楽しいということがホームページの記述から、日本にいるときアサインしたのですが、実際ここでいう1st year studentとは、ぼくのようなこの国をはじめて訪れる交換留学生が利用するものではなく、現地のNZの大学1年生が利用するものだったということです。


この国は、大学が8つしかなく、しかもすべて国立なので、高校卒業後、生まれ故郷をはなれ
一人暮らしをするのが普通なんです。それで親元を離れ、友達とも離れなければいけない状況におかれている、彼らの救済手段として、楽しいレクリエーションがたくさんある学生寮という存在が意味を増してくる、というようです。


なので、先週までは、そういった寂しさを紛らわそうとしているのか、毎晩遅くまでアルコールを飲んで叫んでいる声が聞こえ、ぼくが昼おきて(笑) フラットの外にでると通りには、アルコールビンの破片がそこらじゅうにあるという状況で、正直けっこー怖かったわけですが、


結局、そういった子供っぽさをもっている彼らとおれは今までかかわろうとしていたのかと思うと、言語が通じる通じないかかわらず、うまくかみあわなくて当然だったと振り返ることができます。なにせ、日本にいる方々よりも一足先に4年生になったぼくと、新1年生では、精神年齢がちがって当然だからです。




という長い前置きのあとに、今日書きたいのは、逆説的ですが、
「年齢」を気にすることの価値のなさについてです。


ぼくは、毎日食事を共有の食堂でとっているのですが、1st year studentでも、ぼくにやさしく話しかけてくれるひとが2人います。それは、スリランカ出身のひととフィジー出身のひとです。

といってもどちらも10年近くこの国に住んでいるので、完全になじんでいるわけですが、
ここで結構深く考えてしまいました。


ほかにも、少数ですが、international studentがいて、彼らは2年生からphDの生徒まで様々ですが、みんな親切なんですが、


なんとなく、スリランカやフィジー出身のひとたちが優しいのは、きっと自分がこの国にきた当初、自分自身がいろいろと困難な経験をしたからだろうな、と思うからです。
ほかのinternational studentも同様だと思います。



やはり年をとっているほうが、包容力のようなものを感じますが、
結局、人間性って年齢よりも、個人の原体験からいかに学んで生かしてるかという別の要素の影響のほうが大きいと最近強く感じます。



実際、この国の19歳のほうが、ぼくよりもずっと大人っぽく見えるので年齢を気にする機会ってそもそも存在しないし、これまで会話をはじめるときに年齢をきいてた自分が、まったく意味のない質問をしていたな、と思っています。


言動や振る舞いだけをみれば、そのひとが優れたひとかどうかわかるし、尊敬にあたいするからです。人を尊敬できるかどうかに、年齢という要素は一切はいる余地はないですよね。




これは、日本にいたころにハーバード留学記で有名な岩瀬大輔さんの少人数の座談会にいったとき、彼がいっていたことに少しつながるものを感じたような気がしたのでこのエントリーを書いています。
というのは、彼がPEファンドで今は名前が変わっていますが、リップルウッドにいたころ、一番驚いたことが、

「アメリカ人のマネージングディレクターが、一切年齢をきかずに先輩よりもいってることが妥当な自分の意見を受けて入れてくれ、それ以来機会があるたびに自分に意見をもとめてきたという姿勢だった」
ということだからです。



就職活動をしているひとが、
「結局社会人でも、本当に人間的に立派なひとか、そんなにたいしたことないひととかいるもんね。」みたいなことをいってた記憶がありますが、まさしくつながるものがあると思います。

だからこそサークルの友人がいってたように
「会社の若手社員でも、ただの兵隊としての気構えをもっているひとと将軍としての意識をかかさずもっているひとがいて、その将軍を見抜けるかが、自分の選択に強く影響する」ものなんでしょう。立場がまったくちがっても、同じ人間というベースでその人のことを洞察することが大事なんだなってことです。



なんか、つらつらと長くなってしまいましたが、要するに言いたいことは、

今ここで自分が苦労して得るであろう知見というものが、
今後誰かの役に立ち、それでその人が救われるならば、
いまここでぼくが困難な状況に直面できることは
貴重なことであり、素敵なことなんだろうということです。
[PR]

  # by shot_aizawa | 2008-02-27 16:24 | 思いつき

いよいよ明日から授業開始!

さて、今日からはstableなテンションで更新します。笑


やっと明日から本格的に授業がはじまります。
15,18,19日にcourse approvalがすでに終わっていたにもかかわらず、
講義がはじまるまでにこんな時間がかかるかというとたぶん理由は、


今回のcourse approvalで今学期と来学期の授業がすべて決まってしまうからであると思われます。

そうです、こっちの大学では、授業を下見してそれを参考に計画を練ることが不可能なのです。その代わりに、course approvalの際に授業を受け持つ教授ひとりひとりに事前に面談し、個人個人がこの授業をとりたいかどうかを決め、教授からサインを受け取るのです。


たいてい授業は、1つあたり講義2つとtutorialで行われることが普通です。
tutorialとは、少人数グループに分かれて、授業内容についてディスカッションするというものです。この時間は、受講者のそれぞれの日程によってフレキシブルに変わるので、その日程調整のために時間がかかったと考えられます。



それで、ぼくの授業なんですが、最初に前置きとしていっておくと
今回の留学はたった1年の見物なので、学士号をとりにいくわけではないので、
授業そのものに魅力を感じてきたわけではないので、結構てきとーな部分もあります。

というか、就職活動中に留学の話をしたら、「変わったことしてきなさい」っていわれたので
ほかのことに時間をつかえるよう、必要最低限にしました。あと、ひとつひとつの授業の完成度を高めたいから。



Semester 1

1.International Management

前置きを書いておいてこういうのもなんですが、この授業だけは絶対とりたいと思っていたものです。笑
各国のパートナーシップの設定を、社会的、政治的、経済的、技術的観点から考察し、International Management Environmentの特徴を解析します。その際、主にニュージーランドとアジア太平洋島嶼のケースが用いられます。

50年代には、一人当たりGNP世界第5位にまでのぼりつめましたが、その後大部分の貿易相手であったイギリスがEUに加盟したことで、その貿易額に制限がかかったことによる経常赤字の増大、国の破綻危機を迎えてしまいます。
しかし、そこからわずか10年たらずで黒字に回復。
今も経済が順調なニュージーランド。
公共政策が非常にうまくいった国として、ぼくの目にはうつっているので
その過程に触れられるであろうこの授業は大変楽しみです。



2.International Relations

これ、完璧単位振り替え用。笑
現代の国際関係がどのような状況になっているかを学びます。主に冷戦直後の様子。
理系の友人諸氏なら大いにわかってくださると思いますが、理系として生きてくると
こういう年代、ほとんど学ばないんだよね。あともともと内容をある程度知っているので
tutorialで発言しやすいのではないかと思って申し込みました。



3.English for academic purposes


これ、英語を母国語としない人用の授業です。
自分が就職活動していたときに、いかに思いや考えを言語化して紙のうえにおとすことが
難しいかを感じていたのと、社会人のかたにwriting能力が言語運用能力の分かれ目っていわれたのを思い出したのと、ここにきてやっぱ英語ができないのが死ぬほどくやしかったから、これだけ出発前と授業をいれかえました。



もともとは、
Investment Analysis and Portfolio Management
っていう授業をとるはずでしたが、これはtutorialがないうえにニュージーランドとの関係性も薄いので、英語の特訓としては利用価値が低いという判断で、直前で取り消しました。



自分が得してるな、と思うことはほかのAIKOMのひとと違って、一度まがりなりにも
就職活動を経験してからきているという点です。
就職先は闇ですが、もはや自分の将来進みたい道は見つかっている状況なので、
ほかのひととは違った観点で生活できるだろうと思っています。これに関しては、今後エントリーしたいと思っています。


そして日本をたつ直前に、
社会人の薦めもあって、CFA(米国証券アナリスト)はどうせいつかとらないといけないことがわかっているので
CFAの最初の試験の参考書まで買ってこっちにきたんですけど、
自分の現状を冷静に分析してやめました。


ある程度、しっかりしたプランをもって万全の用意をしつつも、
現状をみて、サンクコストに縛られることなく、フレキシブルに判断を変えることができることが
自分のよさだと思っています。

あと、上記の授業に加えて
student learning centreが主催する英語補助のプログラムに申し込んでいて、
kiwiの英語に慣れるために、kiwi Englishを話すひとと2人きりで会話の練習をするものに
参加する予定です。

Semester2も決まっていますが、それはまたそのときで。

その後、11月に帰国して、日本の大学で語学と開発経済の授業をとる予定です。
つまり、2学期分の授業料で3学期分の授業に出ようという、ある意味お得な試みです。


こういうエントリーのほうがやっぱいいですよね!?笑
[PR]

  # by shot_aizawa | 2008-02-24 12:31 | 授業

Otago museum

できるだけ、更新です。

さて、ようやく学生寮の生活がはじまってきました。
昨日は、ぼくがお世話になっている学生寮の説明会でした。


大学のホールに集められ、300人近くいる様々な学生に対して、歓迎のあいさつが次々と行われました。この国には、留学生が多いといっても高校からいるひとや大学からきている人、2年間留学するひとなどが多いため、ぼくのような1年だけというのは、どうやらマイナーな存在のようで、語学に疎いのも数えられるひとしかいないようです。

それはさておき、学生寮といっても、日本で聞くイメージとまるで違います。
この大学には、学生寮が多いので、学生寮対抗のスポーツ大会などもあるようで
それぞれの学生寮には、それぞれのエールがあるほど、団結感が強く求められます。

なので、それについてみんなで「オイ オイ オイ」なんていってエールの練習をしたりしました。
英語がちゃんと聞き取れれば相当楽しいんだろうなーと思いつつ、語学以上に自分の人見知りのせいもあって、まだ溶け込むには時間がかかりそうです。。

日本にいるみんなが、就活や国Ⅰでがんばっているのに、自分だけこんなぬるい環境にいていいのかなーなんて思ってしまったりもし。。


To tell you the truth, I felt myself miserable yesterday. Because of not my low ability of English, but my stupid mentality. I had a "rational" reason to leave for Japan at once, but I might have put it only into the reason which would explain why I had run away from here. if so, I had to be very sorry for a supporter.

学生寮の生活の統括をしているインド人のジェントルマンに大丈夫か、っていわれて、I was mortified... と言いかけた瞬間、泣きかけましたが、

そのあと、エールとか全然聞き取れなかったというひとに偶然出くわし、
これから一緒に英語がんばろうじゃねぇの!って見事な切り替えしでそのあと、夜中に字幕つきで映画をみて落ち着きました。笑

なるべく、自分の弱みはさらけだしておくべきやね。


この留学生活、自分の性格とか性質とかと客観的にじっくり向き合えるので、そういう意味では、非常に意義を感じています。


ということで、本題の美術館(笑)。

部屋からネットが使えるようになったら写真を載せたいのですが、
大学のすぐ近くにあるこの美術館で、今日は、太平洋諸島の展示品を見てきました。


1000年前、マオリ族が、ニュージーランドに渡ってきた際につかった伝説のカヌーの模型や、
貯蔵庫、儀式に用いられた装身具などが飾られています。


さらには、メラネシアのものもありました。
ニューカレドニア、ソロモン諸島、サモア、ニューイングランド、バヌアツ、パプアニューギニア、
で暮らしていた現地人の狩りに用いたやりや仮面などがあります。


共通して、引っかかったのは、魚をつるための釣り針です。
おしゃれなのものや、ほんとにこんなので釣れるかいな、って突っ込みたくなるようなものまで、
最近つりをした思い出があったので、ふと考えこんでしまいました。笑

卒業旅行、とか新婚旅行とか、メジャーなところにいったり、ケニアのようなアフリカにいくのも
大いにありだと思いますが、太平洋島嶼もあついな!って思いました。



っていうことで、支離滅裂な日記をおわりにします。。
次こそ、いい日記を書こう!
e0131924_10473515.jpg

[PR]

  # by shot_aizawa | 2008-02-18 19:38 | 生活

あきらめ

やっとあきらめがつきました。

はっきりいって、昨日までは、
まさしく "life is lousy."って感じで、

日本にいるときは特に感じなかった、
「人生、生きてるだけで丸もうけ!」って言葉の重みを感じつつ
やっぱり人は一人では生きていけないんだな、って単純に痛感しました。


日本を飛び立つまでは、正直言って、空港までのことしか考えられなくなっていて
こっちにきたら、必需品があまりにも欠けていて己の準備の不備さと単純なことすらなにも伝えられないあまりの自分の無力さに
ただただ悔しさを感じるのみで呆然としていました。


but, I don't know whether this situation is fortunate or unfortunate,
there is no Japanese around me.
So I can completely understand it is useless to avoid useing English.
That's my resination!

ってことで、打撃くらいながらも右ストレートを放たなきゃいけない状況なので、

繰り返し苦笑いされながらも、無事に携帯を入手し、チューターの番号をひとつ手にいれました。
まだ、歓迎会とかないので、友達ゼロ。。笑

でもまじ、彼が神のような御方で、寮のコンピューターで日本語をつかえる裏技を教えてくれたので
いまブログを書けています。


今日は、course approvalという授業の履修登録をしてきました。

2万人いる生徒の約7割が留学生という異様な状況なので、システムもいろいろと日本とはちがって、
取りたい授業は、その授業を担当している教授のところにいって
ひとつひとつ彼らの許可を得なければなりません。
しかも、事前に申し込んだ授業で取り消したい授業も、断りにいかなければならないという面倒さ、、

ということで、ぼくも駒場の3倍くらいの広さはあるんじゃないかと思われるキャンパス内を走りまわって、無事に登録でき、IDカードもゲットできました。

少しずつおれもやればできるやん、みたいな感じで
本来の自分を取り戻してきた気がします。



要は、どうせ9か月しかここにいる人と関わらないんだから、
どんなに惨めな思いをしても耐えるし、いくら恥じかいてもかまわないし、
もう存分にかっこ悪い姿をさらけだしてやろうじゃないか、と決意しました。
地はいつくばって生きてるほうが、おれらしいな、やっぱ!


ということを書こうと思っていた矢先、コンピュータールームのカードをもっている担当者を待っていて通りすがりの係のひとだと思った女性に彼の居場所をきこうとしたら(いまはまだ自由につかえない。。)

なんと、、、それはビビアンでした。
衝撃の遭遇ですね。おれにとってだけだけど。笑

内輪ネタかな、これ。

ということで、愚痴からはじまる日記ではなくて、
今度からは、こっちの街並みの美しさとか明るいことを書こうと思います。
[PR]

  # by shot_aizawa | 2008-02-15 18:34 | 思いつき

旅立ちまであとわずか

ブログ開設しました!

このブログは、友人やお世話になった方々へ留学生活の近況報告するためにつくった
ごくごく内輪用です。本当は、「ウェブ時代をゆく」くらいの使い方ができるのが理想だけど。。

でも、いちよ自分の経緯の説明。

高校も根っからの理数科で、このまま理系街道を突っ走ると思わせて、
大学の途中から文転し、
課外活動においては、これまで本2冊の刊行に関与し、
就活においても戦略系コンサルやI-Bankのインターンに参加し、
このままバリバリ就活優等生を目指すと思わせといて、

結局、約1年、交換留学することにしました。



やっぱ、大事なのは


常に周りから高い評価をもらえる人間になることではなくて、
常に周りの期待を上回るアウトプットを出せる人間になること


だと思います。

この留学生活は、
さらなる修行の場であり、充電期間でもあります。


モチベを維持できるように、アントレプレナーを崇拝する方ならば
誰でも大好きな画像を貼っておこう。
(なんかセキュリティ上、貼れなかったので、URLのみ。。)

2005年、スタンフォード大学においての
スティーブジョブズ氏のスピーチ。
http://jimaku.in/w/D1R-jKKp3NA/nbZXF_WFQDq


ここが特に好き。
Your time is limited, so don't waste it living someone else's life. Don't be trapped by dogma — which is living with the results of other people's thinking. Don't let the noise of others' opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.

もちろん、「Stay hungry!! Stay foolish!!」も。
[PR]

  # by shot_aizawa | 2008-02-09 02:15 | はじめに

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE